英語の履歴書のヒント

履歴書は応募企業へ最初のアプローチとなる第一印象を大切な書類。ここでは履歴書の書き方のヒントをご用意しています。先ず、履歴書の学歴・職歴(職務経歴)欄の書き方をしっかり押さえて、効果的に自分の「セールスポイント」を伝え、人事採用担当者の心に響く、面接に進める履歴書を書き上げましょう。


1. 志望動機・仕事上の目標

冒頭の職務要約や志望動機で、希望職種と自分がそのポジションに適任であるかをアピール。


2. 職歴

英語の履歴書は、職歴、学歴ともに年代の新しい順に書きます。即戦力となる人材を求めているので、これまで従事してきた仕事内容や業績の纏め(勤務先、役職、勤務期間、職務経験、技能、業績要約、退職理由)を一覧に記載しましょう。


3. 個人情報

お名前、生年月日、国籍、連絡先、住所を記載しましょう。


4. 学歴

原則として最終学歴から掲載し、大学・学校正式名称で、学部・学科・コース名、在学期間などを記入しましょう。


5. 取得した資格・スキル

取得した資格(英検、簿記、会計士、リーガルなど)やスキル(PC、プログラマー、IT関連など)は全て記入しましょう。


6. 希望年収・報酬

希望年収と報酬を香港ドル建てで行います。


7. 就職開始日

もし採用されたら、いつから働けるかを記載しましょう。


8. その他

他に持っている資格(特技、トレーニング)や応募職種で生かせる専攻・研究テーマは別々に記入しましょう。


英語のカバーレターのヒント

魅力のある良いカバーレターは次のようなものです。

1. 適切な人物(宛名と日付、敬辞)へ送付しましょう。

2. 役職や何時どこで求人案件を目にしたかを示しましょう。

3. 自分のスキルや資格、自身の経験がどう仕事に最適であるかを売り込みましょう。

4. 仕事に大きな関心を注いでおり、やれば出来ると言う能力と意欲を確実に伝えよう。

5. 連絡先の携帯・電話番号、メールアドレス等を掲載しましょう。

6. 文法や句読点を正しく使い、正しいスペルチェックに校正してから送付しましょう。


就職面接のヒント

「幸運は、準備と機会がめくりあった時に起こる」:幸運=目標達成は、「機会」も重要なファクターだが、必要な「準備」を行っていなければ成立しないので、以下のポイントを注意しましょう。

1. 企業のリサーチは必須

会社概要や事業内容などを、ホームページなどで調べ、企業に対する知識を深めましょう。企業側の要求する条件を無視して応募しても、企業からの返信メッセージは期待できません。必ず自分の能力・経験に適した求人に応募しましょう。


2. 服装のマナー

面接シーンにおける服装の基本となるのがビジネススーツ。社会人として清潔感のある服装を心がけよう。身だしなみは整っているかどうかを確認しましょう。


3. 時間厳守・時間には余裕を持って行動

面接会場迄の掛かる時間を事前に調べ、5 - 10分前には会場に着いておきます。万が一遅れる場合は必ず担当者に連絡し、お詫びと理由、そして日程調整するか、または「”O”分後に着きます」と到着時間の見込みを具体的な数字で伝えよう。なお、面接が中止となる場合も直ちに担当者に通知しておくように。


4. 面接マナー

姿勢を正しい、笑顔で、はきはきと話し、好印象を与えましょう。面接官に挨拶をし、貴方の名前を告げながら、面接官の目をしっかり見て、受け答えしましょう。面接官の話をよく聞いてから答え、次のステップを尋ねます。質問には、簡潔、明確に答え、熱意や積極性を示しましょう。また、面接中には迷惑とならないように携帯電話はマナーモードに設定したり、OFFに設定しましょう。


5. 想定できる質問を用意

想定できる質問に対して、どう答えるかを纏めましょう。ほぼ質問があるかどうか尋ねられます。出来る限り、質問を用意しましょう。ここでの質問は仕事、会社、退職原因、将来のプラン等について質問するようにします。以前勤めていた会社に対してネガティブなことは成るべく避けます。質問に対する答えは、常に前向きな返答にしましょう。会社に関する様々な情報を確かめたい場合は面接官に確認します。分からないことを分からないと言える姿勢も大切です。また、整ったファイルに整理された履歴書や卒業証明書や雇用証明を持参しておくように。


6. 自己アピール

職務に関連した強みをアピール。自己PRでは「何をやってきたか」「何ができるか」「今後どう(貢献)していきたいか」という3点をしっかり盛り込む、面接に対する謝意を述べ、そのポジションへの興味を再度示し、あなたの経験やスキルが求人企業の提示する条件を「満たしている」「関連している」ことを確認し、企業側が知りたい情報を詳細かつ的確にアピールしょう。

Top